fc2ブログ

去年の今頃 8月

10日の手形決済を終えて

25日の銀行返済の日。

通帳には残金もあまり残っていない。

今まで返済が滞ったりしたことがないので、25日に銀行から催促の電話はかかってきません。

27日ようやく3社の銀行から

「引き落としができなかったのでよろしくお願いします」と連絡。

「わかりました。」といつもの調子で返事をする私・・・

返済できるお金ないのに・・・

いよいよ月末が近づいてくる。

腹は据わっている。

逃げたりしない。

31日

手形決済の日。

お昼に必ず当座に入金お願いします。と銀行から連絡がきます。
毎月のことでわかっているけど、心がざわつく。

後で伺います。と返事をして

さ?てどうしようか。

主人は「職場から出てどこかで時間をつぶしてこい」という。

私も職場にいるより気が楽だし、ここは社長である主人に任せて職場をあとにした。

2時過ぎ、また銀行から電話があったらしい

「奥さんは?当座に入金がまだなんですけど」

「うちのは、銀行に行くって出かけましたが寄ってませんか?」と主人は言ったそう・・・


いやいや違うでしょう?

それを聞いた銀行の人

私の携帯に電話したり、自宅に来たりして私のことを心配してくれている。

心の中で「ごめんなさい。すみません。心配するようなことないですから」

そう銀行の人は、手形が決済できないから私が自殺でもするんじゃないかと心配していたんです。

5時過ぎまで携帯に電話はかかってくるし

職場にも「何事もなければいいですけど」と心配して何度も電話をしたみたいです。

その日は、従業員に給料を払って

9月から解雇だから

「長い間、お世話になりました。」とあいさつをして・・・

商売をしている社長さん達からは、まだ頑張ればいいのにとか色々励まされていた主人。

でも、これ以上続けると負債は大きくなるばかりだと判断した主人は倒産することに決めていました。

銀行のほうの負債はどうでもよかったけど

取引先の負債が本当に悪くて・・・

このご時世、倒産が相次ぎ数社は被害を受けているのを知っていたから・・・

スポンサーサイト



テーマ : 職場でのできごと
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア






FC2カウンター
プロフィール

オレンジ

Author:オレンジ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード